あなたの真価が問われるとき。

Pocket

こんにちは。国際レイキ普及協会の廣野 慎一です。

 

まずは以前、札幌でレイキセミナーでの受講生からお聞きしたエピソードをみて下さい。

 

その方は、北海道東部、釧路市にある湖の阿寒湖に住んでいます。

 

 

北海道の阿寒湖は北海道の温泉街で、冬には -20℃ ~ -25℃からなる

極寒の場所ですが、冬でも多くの観光客が来ているようです。

 

ある冬の日こと。

 

吹雪で通行が遮断されて、 物資が届かない日が何日か続きました。

ホワイトアウトという現象が起り、吹雪の為、前が全然見えない。

(※ホワイトアウト-wikipedia参照-

その為、観光バスも立ち往生して数時間動かなかった。

観光に来た乗客も、バスに閉じ込められた状態。

乗客に不安走る。

 

その時、 一人の男性が痺れをきらして、

「せっかく楽しみに来たのに、散々だ。休暇が台無しだ!!」

と 車内で運転手に向けて、怒鳴ったようです。

 

もちろん、車内のムードは険悪。

身体だけでなく、さらに心も寒くなる感じ。

 

でもその時、一人の老紳士が言ったようです。

 「いやぁ~地元の人でもめったに体験できない事が、

  体験出来て私達はラッキーだね。ついてる。」と。

 

その一言で、乗客みんなの心が救われたようです。

その場の『ホッと』した空気が伝わってきますね。

 

【あなたの真価が問われるとき。】

それは、窮地に追い込まれたときに、とっさにでる一言が何か?

あなたの真価が問われます。

 

でも、これは日頃どのように過ごしているか?ですね。

日々、起る出来事をどのように捉えているか?

 

私達は、身に起きた出来事を、良いように捉える事も、悪いように捉える事もできます。

 

レイキを学ぶ事は、慈愛の念を深める事にもつながります。

日頃から、愛と思いやりをもって、どんな言葉を自分が発しているか?意識してみて下さい。

 

とっさの瞬間に、あなたの素晴らしい真価が出せるように日々磨いておきましょう。

私も、心がけていきます。

 

しんちゃんでした。
(国際レイキ普及協会 廣野 慎一)

 

◆レイキの小冊子無料プレゼント
⇒ http://ireikisociety.org/present/

◆『レイキって何?』という方のための体験会
各地で体験会を開催しています。

セミナー一覧はコチラ⇒ http://ireikisociety.org/seminars/