視力回復にレイキが効く!?

Pocket

こんにちは。国際レイキ普及協会の廣野 慎一です。

 

視力回復にレイキが効果を発揮する。身を持って体感しました。

それは、2012年12月に人間ドックを検診しました。

 

特に問題はなかったのですが、ただ一つだけひっかかる事が・・・

それは、視力が低下していた事です。

左が0.2 で右が0.3

この結果を聞いて、『ヤバイ』と思いました。

 

それは、何故かというと翌年には、免許の更新が控えています。

私は、正真正銘のペーパードライバー。

ですので、免許はどちらかと言うと、身分証明証です。

 

でも、今までメガネ・コンタクトをしていないし、特に必要性と感じていないので
免許の更新の為にメガネを購入するのもなぁ~、と思いつつ、

まだ更新は半年も先なのでレイキでどれだけ効果が上がるのか試してみた。というのがキッカケでした。

 

結果、計ったわけではないのですが、免許更新の際、視力検査は一発合格。

ですので、最低 両目で0.6以上にはなっていると実感。

思わず、ひっそりとガッツポーズをしました。

 

目は、私達の外の世界を映しだしてくれ、
過去、現在、未来をはっきり見る能力を意味しています。

 

ですので、その目に不調が表れているなら、内的な要因として、

『見たくない物をなるべく見ないようにする』

そんな心的要因が内在しているかも知れません。

 

例えば、

近視は、未来に対する恐れや周囲に対する不信感や恐れ。

遠視は、現在に対する恐れ、今を直視したくない思いが潜んでいる。

乱視は、心の奥底で悩んでいたり、物事を直視するのが恐い。

ドライアイは、何かに対して怒っている、怒りのまなざし。許す事が出来ないものがある。

緑内障は、長い苦痛から逃れられないで、心が押しつぶされそうになっている。

白内障は、未来に喜びが感じられず、お先真っ暗だと感じている。

などなど、こんな心的要因が内在しているかも知れません。

 

これらはハッキリと自分で自覚できるものでもありません。

今までの生き方の中から自然と見に付いた心癖なのかも知れませんね。

 

アメリカのある病院でレイキ・ヒーリングでは、心の癒しをじっくりと行っていくことに対して、

これらの目の不調が徐々に改善されていくのかも知れませんね。

 

もちろん、直に効果として表れるかというよりは、

じっくり実践しながら変化が表れてきます。

 

しんちゃんでした。
(国際レイキ普及協会 廣野 慎一)