7年間悩み続けた、原因不明の腰痛が解消された涙の瞬間

Pocket

こんにちは。
国際レイキ普及協会の廣野 慎一です。

ある日、アメリカはアトランタからやって来た女性が訪問されました。

「7年間原因不明の腰痛で悩んでいる。」とのこと。

 

 

アトランタから日本へ直通便はあるものの、約12時間のフライト。

そんなに長くは座ってられないと、2ヶ所の空港を経由して24時間程かけて日本へ到着したそうです。

この7年間、腰痛に効果があると言われているものをいろいろ試したようでしたが、

顕著な効果が見られない。との事。

日頃、多くのサプリメントを服用したり、体操・運動の類などなど。

 

アトランタの複数の友人にレイキをやってみたらとススメられていたけれど、

なかなか受ける機会がなかったのですが、日本発祥のテクニックだと知っていたので、

日本の友人を訪問した際に、レイキを受けられる所がないかと探した所、私の所に来たようです。

 

彼女曰く、「北米でもレイキは有名です。」と、さすが世界に誇る日本のメソッド「レイキ」
と思いながら、ヒーリングを始めました。

 

「どれどれ」と調べてみると、腰痛の方が持っている特有の背中の張りや、

肩、お腹、ねじれなどなどいくつか調べてみたのですが、そんなに悪くない。

むしろ、体の状態は良いくらいです。

 

「はて?」

と少し悩んでいると、腰痛の原因になるものの一つを思い出しました。

 

それは・・・・・・・・

「痛みの記憶を強烈に覚えている」

と言う事。

 

長年、腰痛で苦しんでいる方に多いのですが、

ココは痛い所なんだと痛みを脳が記憶しているんですね。

だから、何をやっても良くならない。

彼女の場合も、状態はいいハズなのに頭が痛みを作り出している。という事なんです。

 

その記憶を消すために、ある所にレイキのエネルギーを流してあげた後、

感想を聞いてみると、

「NO PAIN(いたくないわ)」 とポツリ。

彼女は目から涙を浮かべ、「ありがとう、今日はメモリアルな一日になったわ」と

深く感謝を伝えてくれました。

 

一緒にきた日本人の友人も、

長年彼女が腰痛で悩まされているのを知っていたので、

二人で抱き合いながら喜んでいました。

 

腰痛の原因は本当に様々です。

腰痛だけでなく、体の不調や痛みは、

体だけでなく、心理的な所から起こるものや、以前の痛みを覚えている。

などなど、本当に様々な原因があります。

 

人の身体は本当に奥が深いです。

だからこそ、様々なメソッドがあり、多くの人がいろんな形で、

様々なアプローチで日々研究しているのかも知れません。

 

私も、レイキをはじめ氣といった、「エネルギーの視点」から様々な研究を重ねていきたいと思います。

 

国際レイキ普及協会 廣野 慎一